新たなストレージ

通信

最近、オールフラッシュストレージという新たなデータストレージが販売されました。これはどういったものかと説明すると、フラッシュメモリをアレイとして組み合わせた、高速大容量のデータストレージです。このことから、フラッシュアレイと言う名称で呼ばれる事もあります。このオールフラッシュストレージの一番の特徴は、ハードディスクと比べた場合のランダムアクセスに対する速度の速さです。ハードディスクと対比した場合、その速度は圧倒的だと言えるでしょう。もちろんこれは、ハードディスクとソリッドステートドライブを比べた場合でも同様ではあります。しかしオールフラッシュストレージの場合には、アレイ化することによる大容量化などの特徴も併せ持っているのです。

長い間コンピュータ運用におけるボトルネックだったハードディスクのアクセス速度の問題は、このオールフラッシュストレージによって解決の目処を得ました。フラッシュメモリの供給がどの程度業界の需要に応えられるかによりますが、将来的にはサーバー等のデータストレージがハードディスクからオールフラッシュストレージに置き換わる事は疑いようもありません。現在でもネットワークからの過剰なアクセス要求に四苦八苦している所には、まさに福音のようなデータストレージだと言える事でしょう。ハードディスクは安価で大容量のストレージとして、アクセス速度に問題がない場合は魅力的なストレージだと言えます。しかし、アクセス速度にタイムラグを感じないことが普通になるに連れて、徐々に市場から消えていく事が予想されます。